トップメニュー
愛犬とハワイへ行くには

トップメニュー

愛犬とハワイへ行くには

手続きの流れ

わんちゃんとハワイへ渡航する為には、最低でも約5ヶ月前からの準備が必要です。
ハワイ州は全米で唯一、狂犬病の発症が無い地域ですので、その分、検査がとても厳しいのです。


日本

マイクロチップの装着
狂犬病の予防接種(計2回)
採血検査
ハワイへ必要書類の提出
利用する空港へ愛犬の届出申請
空港内動物検疫所で簡単検査
日本出国

ハワイ

ハワイ州動物検疫所で愛犬の検査
ハワイ滞在
ハワイ動物病院にて健康診断
日本に向け出発
ハワイ出国

手続きに不備があった場合

簡単にワンちゃんとハワイへ渡航する為のステップを紹介致しましたが、正直一つ一つはとても大変な作業です。
また、少しでも書類や準備に不備があると大切なわんちゃんがハワイ入国後、ハワイ州検疫センターにて拘束ということにも成りかねません。
しかも、拘束されている期間のわんちゃんの滞在費はもちろん
飼い主さんの負担(120日=$1,080)になります。
そして、大切な愛犬に120日間も会えないのはとても辛いことです。

お預かり出来ない場合

「短頭種犬」については、他の犬種と比較して高温多湿に弱いため熱中症や呼吸困難を引き起こす恐れがあり、航空会社によってはお預かり出来ない場合がございます。
生後10か月に満たないワンちゃん、老齢、病弱、妊娠中、授乳中、既往症がある、投薬中、怪我しているような犬はお預かり出来ない場合がございます。やむを得ず連れて行こうとする場合は、事前に輸送及び係留検査に耐えうるかかかりつけの獣医師とよく相談して下さい。